HOMEへ戻る

商学研究科における3つの方針

慶應義塾大学大学院 商学研究科 Website

【ディプロマ・ポリシー】(学位授与の方針)

 商学研究科の教育目標は、豊かな学識を備え、社会のリーダーとして活躍しうる自立した研究者・プロフェッショナルを養成することです。修士課程では、所定の単位の取得に加えて修士論文(研究職)または3本の小論文(会計職)の提出と学位審査の合格が修了要件となります。博士課程(課程博士)では、研究報告会での発表と1本以上の査読付き論文の発表が博士論文の提出要件となり、所定の単位の取得に加えて博士論文の提出と学位審査の合格が学位授与の条件となります。
 いずれの課程も修了までに、充分な専門的知識、独創的な構想力、的確な分析能力と論理的思考力、多角的な知識と柔軟な発想力、そして豊かな情報発信能力を身につけていることが重視されます。

【カリキュラム・ポリシー】(教育課程編成・実施の方針)

 社会のリーダーとなりうる研究者やプロフェッショナルを養成するために、商学研究科では多彩な教授陣による特色あるカリキュラムを実施しています。

総合的なカリキュラム

 広い視野に立った総合的な意思決定ができる人材を養成するために、産業社会の実態をミクロ的視点とマクロ的視点の両方から捉えられる総合的なカリキュラムを用意しています。具体的には、商業学、経営学、会計学の各専門に加えて、金融・証券論、保険論、交通・公共政策・産業組織論、計量経済学、国際経済学、産業史・経営史、産業関係論などの経済学系の科目を充実させています。

体系的・学際的な研究教育の実施

 専門に共通する基礎的な知識や方法論の習得のために、導入科目・基礎科目を設置しています。各専門分野の研究については、分野ごとに専門科目を設置し、専攻分野を体系的に学習・研究できるように配慮しています。さらに、専門分野に対する理解を深め、幅広い視野と知識を養うために、複数の教員が指導に当たる合同演習・特殊合同演習や学際領域分野の科目を充実させているほか、高度化研究プロジェクトなど、常に社会とのつながりを意識した教育研究環境を提供しています。

英語による講義の充実

 日本に対する関心の高まりや研究の国際化に対応して、本研究科のスタッフ、チェアシップ基金教授、世界銀行プログラム関係の教授、特別招聘教授等によって、総合的・基礎的な共通科目から専門性の高い講義に至るまで多くの授業が英語で行われています。多様なバックグラウンドを持つ留学生とともに、このような授業に参加することで国際感覚や情報発信力を磨くことができます。

【アドミッション・ポリシー】(入学者受入れ方針)

 福澤諭吉の「実学の精神」を継承する商学研究科は、理論と実証を通して現代の産業社会の動きを洞察することを基本理念とし、次のような人を求めています。

社会をリードする研究者・プロフェッショナルを目指す人

 国際化や情報化の進展とともに、産業社会の構造は大きく変化し複雑化しています。そしてその変化のスピードをますます速めています。こうした中で今日急務となっているのが、変化の本質を見抜き、経済社会の複雑な諸問題を適切に解決できる高度な知識と教養を備えた人材の育成です。本研究科の教育は、まさにそのような社会のリーダーとなりうる研究者やプロフェッショナルの養成を目指しています。

真理探究への情熱と意欲を持つ人

 学問の探究の場である大学院では、創造的な研究を通して私たちの知の地平を広げることが求められます。そのためには、単なる知識の習得にとどまらず、常識に対して批判的な目を向け、新たな問題を発見してその解決に果敢に挑戦する意欲と積極性を持つことが重要です。「学問」とはまさに、先人たちが築いてきた知的資産を単に「学ぶ」だけでなく、それを「問う」ことだからです。

豊かな教養で知に磨きをかけたい人

 高い山を築くためには広い裾野が必要です。研究者になるにせよ、実務界のプロフェッショナルになるにせよ、リーダーに求められるのは専門的な知識だけでなく、幅広い視野と教養、そして柔軟な思考力と的確な判断力です。そのためには、専門のみならず関連する周辺領域の知識も意欲的に摂取し、他方で論理的な思考力や分析力、情報発信力を徹底して鍛えることが重要となります。