HOMEへ戻る

社会学研究科概要

社会学専攻

   社会学専攻は社会学研究科では最も早く、1951(昭和26)年4月5日に開設されました。当時から学部を越えて幅広い調査研究を進めることを考え、文学部・経済学部・法学部の関連教員を主体に学部とは独立した形でつくられました。こうした独立大学院の姿勢は現在に至るまで貫かれ、また単に学部のみでなく教職課程センター、本塾の各研究機関とも密接な関係を有し、研究科委員にはこれらと兼任している者も少なくありません。

社会学

 修士課程では、社会科学方法論、社会調査論、社会学史特論・演習など、社会学研究の基礎的枠組み構成に関連する科目、および個別的なテーマや領域を研究する特論(講義)科目、演習科目が置かれています。後期博士課程ではこの個別的テーマや領域研究をさらに深めるために特殊研究(講義)、特殊演習が設置されています。具体的な研究テーマや領域には、社会学理論・社会学史研究などの理論・学説研究をはじめ、民族・エスあり、個々の人間存在に関連する問題からグローバルな社会変動問題にまで、社会と人間に関する多元的で多様な理論的、実証的研究が行われています。研究科委員には文学部の教員のみでなく経済学部、法学部、各研究機関に所属する教員も含まれ、学際的な研究、教育が行われています。

文化人類学・民俗学

   文化人類学は、修士課程では学説史、方法論、調査法、特定の研究課題、地域研究など、基礎から応用まで幅広い分野を総合的に把握する科目を設置しています。研究主題は家族、親族、宗教、政治、医療、祭祀芸能、口頭伝承、民族、エスニシティー、移民、移動、植民地主義、観光、文化遺産、サブカルチャー、ジェンダー、グローバル化、科学論など多岐にわたります。また、広義の日本研究を行う民俗学に関する科目も設置します。文化人類学と民俗学の両方を学ぶことで、異文化を理解し日本と外国を比較する視点が養われるでしょう。後期博士課程では、各自の研究主題について、実証的なデータと理論的考察を結び付けて更に考察を深めていきます。文化人類学・民俗学では、質的調査による一次データを重視するため、後期博士課程を中心にフィールドワークを組み込みます。各自の関心に基づき国内外で調査を行い、グローバル化により急速に変化する文化と社会の実態の考察を進めます。

コミュニケーション/マス・コミュニケーション

   この分野では、種々のコミュニケーション過程や現象に関する研究・教育を行っています。修士課程には、特論(講義)と演習が設置されており、より具体的にはメディア利用行動、情報行動、マス・コミュニケーション理論、ニュースの生産過程とジャーナリズム、メディア政策、メディア産業などの諸問題の検討が展開されています。後期博士課程には、これらの諸問題のより高度な検討が展開されている特殊研究(講義)と特殊演習が設置されています。また、社会学特殊研究・演習という科目名でマス・コミュニケーションに関する科目が設置されることもあります。

社会心理学

   この領域では、社会心理学の諸領域についての研究・教育を行っています。修士課程には、特論(講義)科目と演習科目が用意され、対人行動(依頼・説得などの対人的影響行動、援助行動、社会的支援、社会的迷惑行動、共同・競争、攻撃行動、対人葛藤、対人魅力、同調行動)、態度、偏見、ステレオタイプ、集団心理、キャリア発達、調査法など、社会心理学および産業・組織心理学の諸問題に関する検討が展開されています。後期博士課程には、修士課程の科目に対応するより個別的かつ高度で深い内容や検討が求められる、特殊研究(講義)科目および特殊演習科目が設けられています。学生は、主に質問紙調査や実験、面接調査によってデータを収集し、統計的な分析を用いるなど実証的検討を行っています。

心理学専攻

   本塾における心理学の講義は1877(明治10)年に始まり、1926(昭和元)年には実験室が開設され、動物実験室は戦後の1952(昭和27)年につくられています。実験心理学の祖であるヴントがライプツィヒに実験室を創設したのが1879(明治12)年であることを考えれば、慶應義塾における長い心理学の歴史を感じとることができると思います。創設者の横山松三郎以来、本塾における心理学は様々な変貌を遂げてきましたが、いたずらな思弁を排した、厳密な実験と徹底的なデータ分析による実証研究の伝統は我々が誇る学風です。本塾では、これまでに多くの優れた心理学者を輩出してきました。国外で教鞭をとっている者も少なくなく、また、行動薬理学や神経科学などの隣接領域に進出して第一人者になっている者もいます。
 本研究科における心理学専攻は、そのような伝統を踏まえた実験心理学を主とした専攻です。院生は講義・演習の授業に参加するとともに、自ら実験を行うことにより研鑽を積むことになります。実験は、院生自身のアイディアに基づく修士論文あるいは博士論文の研究と、各指導教授が主宰する研究への参加という2つの方法があり、前者では問題発見能力と独創性を身につけ、後者で様々な技法や、将来自身で研究室を主宰するようになった場合の研究運営の方法を学びます。つまり、講義・演習を中心とする「知識の習得」と、研究指導を中心とする「技能・方法の習得」の両方にわたる教育が行われています。
 本専攻の実験室は三田・綱町・日吉の3カ所に分かれており、三田では主として人間の認知・行動・発達に関する実験が、大学院実習室では定型発達児、発達障害児の研究と、行動修正学、臨床発達心理学の実習と研究が行われています。実習室での臨床経験によって、臨床発達心理士の取得を目指す学生も多くいます。綱町には動物実験室があり、行動実験・生理実験・薬理実験が、また、日吉では知覚や認知神経科学などの研究が行われています。主たる研究領域としては、行動分析学、知覚心理学、認知心理学、発達心理学、生物心理学、認知神経科学があります。
 一方では幅広い視野を養ってもらうために、非常勤講師を招いて、神経科学、行動計量学、精神動作学、臨床心理学、発達障害学、精神医学、応用行動分析学などの講義を行っています。また「心理学コロキウム」として、教員、若手研究員、大学院生全員が参加する研究発表の場を設けており、院生が研究をまとめ発展させる上で、貴重な機会となっています。
 さらに、国際的な視野をもって研究を進めてもらうために、国際学会での研究発表や英語論文の執筆が奨励されているだけでなく、機会をとらえて、海外の著名な学者を特別招聘教授やゲストとして招き、講義や演習、講演会を行っています。

教育学専攻

 大学院社会学研究科の教育学専攻は、1961(昭和36)年の修士課程開設に始まり、1963(昭和38)年の博士課程設置を経て今日に至っています。「教育」というと小学校や中学校など、学習者の将来の生活のための一般的な準備を行う機関における教育のことを指すと受けとられがちですが、本専攻は開設以来、広く人間形成に関わる様々な営みを、方法的には理論的、歴史的あるいは実証的・実験的に研究すること、またそうした能力を有する研究者や教育者を育成することを目指して研究・教育を行ってきました。これを慣用的な用語で言い換えるならば、そこには教育哲学・教育思想史、教育史、比較教育学そして教育心理学などの分野が含まれることになります。
 教育哲学の領域では主として教育理論や研究方法の学理論的考察および欧米の教育思想の研究が、教育史の領域では日本教育史を中心に教育の歴史的研究が、また、比較教育学の領域では教育制度論、学校論、高等教育論などを巡って、さらにこの点でのグローバルな比較学的分析が、主たる研究領域となっています。そして教育心理学分野では、それぞれの領域での専門的トレーニングと並行して、人間の高次認知の形成や援助という関心から研究することが中心ですが、それと密接に関連する認知科学、理論言語学、人間行動遺伝学、文化心理学などとの接点に関する研究も含まれています。本研究科では特に、概念発達、言語獲得、熟達化、個人差などについての研究が活発に行われ、その成果は国内外で注目されています。
 しかしいずれにしても私達が最も大切だと考えていることは、「教育」という関心と視座から行う人間研究ということです。院生・スタッフともにこの関心を高め共有しあおうとするところに本専攻の特色があります。
 本専攻の授業は、本研究科委員(文学部、教職課程センター所属)が主に担当しますが、それに加えて本塾大学他学部・諸研究所所属の専任教員、他大学・研究機関所属の非常勤講師が担当することがあります。授業形態は講義・演習および実験・実習から成り立っており、とりわけ教育心理学の領域では実験や統計的処理等の学習を通じてこうした研究能力を高めることが期待されています。さらに本専攻では、院生を中心に修了生、教授スタッフをメンバーとする教育研究体として三田教育学会を組織し、研究情報の交換や相互の研鑽を目的に、研究発表会や研究誌の刊行といった活動を行っています。

Back to TOP